読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身への知恵袋

日々のことやこれまでの経験で得た役立つこと(?)、その他どうでもいいことなど色々書いていこうと思います。不動産投資についても経験談など書いていきます。

就職でのESや面接の対策(小ネタ)を紹介します

その他

今回はこれから就活される皆さんへちょっとした小ネタを紹介いたします。

 

もしかしたら「そんなこと知ってるよ!」と思われるかもしれません。

逆に知らない方は知っている方に一歩遅れを取っていることになるので是非この対策術を身に着けて面接に望んでください!

 

ESや面接にて
「これまでやっていたアルバイトはなんですか?その中で得たものはなんですか?」
や、
「これまでやっていた部活(サークル)はなんですか?その中で得たものはなんですか?」
といった質問がされると思います。

 

そんなとき、以下のような回答をされる方がいるかと思います。
「コンビニでレジ打ちをやることでミスをしないという正確さを得ました」
「激しい部活の練習で根性が付きました」

いずれの回答をされる方は良く見かけますし、私自身も最初はこのような回答をしていました。

しかしそのような回答では多くの人をみている人事担当の方には採用をするには月並みな回答で「あと一歩」がほしい状態であります。

 

さて、そこでもう一歩を考えて見ましょう、企業として必要なのは「正確」さや「根性」もそうですが、「協調性」や「問題解決能力」も必要となってきます。

なのでこういった回答はどうでしょうか。

「部活で意見の対立があり不穏な空気が流れている時期がありました。私のほか中立のメンバーは協力し、お互いの意見も尊重してそれぞれが納得の行く形で折り合いがつけられるように何度も話し合いをするように心がけました。その結果無事に対立していた意見を一致させることができ、以前のような明るい雰囲気の部活に戻りました。」

「頼りにしていたバイトでリーダーが辞めてしまいました。私をはじめ他のメンバーはリーダーに甘えていて沢山のことを任せきりにしていました。辞めた後、それらを残されたメンバーでこなさないといけないため、メンバーで話し合い、それぞれの担当を割り振りし、また仕事で辛いことが無いか声を掛け合い助け合うようにして、無事に乗り切ることが出来ました。」

 

このような内容だと「問題をみんなで解決した」や「成長した」ということが凄く伝わります。
ここまでの問題でなくても何かしらちょっとした問題を経験していると思いますので、ぜひ今まで経験してきたことでそういった誰かと問題を解決した内容を探してください。

 

ではでは、就職活動頑張ってください!