読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身への知恵袋

日々のことやこれまでの経験で得た役立つこと(?)、その他どうでもいいことなど色々書いていこうと思います。不動産投資についても経験談など書いていきます。

スマホ版Kindleを使ってみた感想

こんにちは、きいです。

2ヶ月程前にスマホを機種変し、それからKindleをインストールして使用しています。

元々書籍は紙で読むべきというアナログな考えだったのですが、実際に使ってみると意外と読みやすく、そして使いやすかったので今では重宝しています。

さて、そんなわけで今回はスマホKindleを実際に使ってみた感想を書いていきたいと思います。


                    • 便利な点----------

[片手で読める]
本のように両手で開く必要がありません。
ページめくりもスワイプでササッと次ページへいくので、電車に乗っているときなど片手が塞がっていても読むことができます。


[暗いところでも読める]
スマホなんで当然電気を消していても読むことができます。本の場合は電気をつけないといけないので寝る前に電気を消してゴロゴロしながら読むことができます。


[定価より安価で購入できる書籍もある]
モノによっては半額近く値引きされていることがあり、書店で購入するより安く購入することができます。
古本を買いたくない人にとっては嬉しいサービスです。


[ブックマーク機能がある]
「ここ、後で読み返そう」と思ったときに簡単にブックマークを付けることができ、後で楽に読み返すことができます。
実際の本みたく折り曲げたり、付箋やしおりをたくさん挟んだりしなくてもいいので便利です。


[別の端末でも読むことが可能]
一度購入した書籍の履歴はアマゾンのサーバーに保存されます。なのでタブレットや、機種変した新しいスマホにも購入履歴のある書籍をダウンロードできます!
端末に保存する度にお金がかからないのは嬉しいですね。
(ただし、ダウンロード数の制限など何らかの制約があるかもしれません)


                    • 不便な点----------

[横書きの書籍は読み辛い]
ニュースサイトやWeb小説などはひたすら下にスクロールしていきますが、Kindleの場合は1画面1ページで、左右にスワイプしてページをめくるので違和感を感じます。
また、元々書籍用に改行や行間を開けたりしているとレイアウトの崩れが縦書きより目立っているように感じられます。
恐らくタブレットで見ればこの問題は起きないと思います。


[イラストや図表が多い書籍も読み辛い]
やはりスマホというコンパクトな画面では、どうしても縮小して表示されるのでいちいち拡大しないといけないのは面倒です。


[複数同時に開けない]
2つの書籍を同時に読み合わせるということがどうしても難しいです。ここら辺は現物の本にはどうしても勝てないですね。


以上です。



やはりスマホサイズの限界か、横文字の書籍は厳しいですね。

縦書きでイラストが無い小説などはKindleで、横書きで図表などが多い書籍は現物が今のところいいかと思います。

ただ、まだまだ改善の余地があるので我々が考え付かないような素晴らしいシステム改善が行われ、完全に現物の本に取って変わる時代がくるかもしれません。

これからの電子書籍の進歩に期待していきたいと思います。


Kindle for Android

Kindle for Android

Kindle for Mac [ダウンロード]

Kindle for Mac [ダウンロード]