自分自身への知恵袋

日々のことやこれまでの経験で得た役立つこと(?)、その他どうでもいいことなど色々書いていこうと思います。不動産投資についても経験談など書いていきます。

私の口内炎対策を紹介します(口内炎パッチ、スプレー、うがい薬で徹底的に予防!)

もうずっと昔からすぐに口の中を噛んで口内炎ができてしまうことに悩まされてきました。

最初は痛くもないし大丈夫だろうと放置していたらどんどん大きなり痛みがひどくなり、食事が辛くなる…なんてことをここ10年近く繰り返していました。

そんな口内炎に少しでも抵抗しようと長年ネットを検索し、編み出した対策法を紹介したいと思います。

実際に効果があったので、口内炎で悩んでいるあなたもぜひ試してみてください。

 

①痛みが出る前の口内炎を見つけ出す!
噛んでしまった場合は傷ができていると思いますので、患部を要チェック。体調など場合によっては早いペースで口内炎がひどくなるので、対策は素早く行うことをおすすめします。
また、気付かないうちにできてしまった口内炎がないか、日々、歯磨きなどのタイミングで口の中をチェックします。

口内炎は初期状態に白い点のようなモノができていると思います。
痛みが出る前のこの段階で対策を取ることで、悪化する前に口内炎を抑えることができます。

 

②まずはうがい薬で殺菌!
うがい薬を使って口の中を殺菌します。うがいの前に歯磨きなどで口の中をきれいにしておくとなお良いでしょう。

口内炎は口の中の細菌が繁殖して大きくなり、痛みを発症しますので、うがい薬は風邪の予防だけでなく、口内炎の予防にもなります。
NHKオンラインのためしてガッテンのサイトに詳しく書かれています。よければ参考にしてください)


口内炎パッチを貼る!
うがい薬でのの後、口内炎パッチを貼ります。
こうすることで唾液やうがい後に繁殖した細菌から患部を守ることができます。

 

・外出先で口の中を噛んだりした場合はスプレーで対策!

外出先ではうがい薬などは携帯していないと思います。でも、できるだけ早く対策を取らないと口内炎がすぐにひどくなってしまう場合があります。

そんな時は口内炎用のスプレーや風邪用の喉スプレーを携帯しておき、万一噛んでしまった場合はスプレーでひとまず殺菌だけしておきます。

家に帰ってから改めて歯磨き・うがい薬・口内炎パッチで対策すればOKです。

 

以上です。いかがでしょうか。


ちなみに口内炎ができていなくても日々うがい薬を使用することで予防にもなります。

毎日、歯磨きをした後にうがい薬を使用します。
風邪の予防同様、うがい薬の殺菌効果で口内炎も予防してくれます。

私の個人的な感覚ですが、毎日歯磨き時にうがい薬を使うようになって口内炎ができる頻度がかなり減りました。
大体1ヶ月に1,2度はできていたのですが、2ヶ月に1回ぐらいしかできなくなったと感じています。

 


今回紹介した対策は、痛みが出る前の口内炎対策です。

痛みが出るほど大きく場合は…残念ながらうがい薬で殺菌し口内炎パッチを貼り、その後の食事をゼリーで我慢するぐらいしか解決策を編み出せていません。

でも、そもそも痛くなる前に対策してしまえば何の問題もないのでいいかな、とも思っています。

 

痛くなってからの効果的な対策を見つけたらまた報告させていただきます。


ではでは。