読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身への知恵袋

日々のことやこれまでの経験で得た役立つこと(?)、その他どうでもいいことなど色々書いていこうと思います。不動産投資についても経験談など書いていきます。

市議会議員や地方議員って簡単になれるんじゃ…

子供のころ、駅前とかで元気に挨拶してる変なおじさんっていませんでした?

 

就職して一人暮らしを始めてからはオフィス街のすぐ近くに住むようになってからはそんなおじさん見かけなくなりました。

 

で、最近また引っ越してベッドタウンに移ったんですがそこには子供のころ見たような感じの元気に挨拶するおじさんがいたんです。

 

 

 

最初は「なんなんだろう、どこにでもいるのかな?」と思っていました。

 

そんなある日、ふと「あれ、これで顔を覚えてもらったら無所属の市議会議員とかで簡単に当選できるんじゃ…」と思いました。

 

よくよく考えてみると、衆議院参議院は支持している政党に入れる節がありますが、地方議員はいまいちよくわからないですし。

 

 

なにより、維新をパクった「西宮維新の会」を名乗ってかの有名な野々村竜太郎氏は当選していました。

 

パクったレベルで当選できるのなら、毎朝駅前で挨拶して当選なんてちょろいんじゃないのかな???

 

 

と思って少しだけぐぐってっみました。

 

そしたらいきなり「市議会議員 簡単」なんて予測変換が出てきました(笑)

 

で、上記内容で検索をかけてみるとこんなまとめが出てきました。

matome.naver.jp

 

なんと平均倍率1.21倍!これ、挨拶しなくても立ち回り次第で簡単になれるんじゃ…

 

しかも給料が高い上に労働時間(?)も少ないとか…

 

 

さらにはこんな記事も

matome.naver.jp

 

なんとニートに推奨しているうえ、プロジェクトや塾まで立ち上げられています。

 

 

 

 

いいのか日本そんなんで…

 

 

とはいえ地域によってバックについてる団体や風習的なもので、ぱっと出てきた人が当選するのは難しいかもしれないですが、人の出入りが激しいような地域だとやり方次第では簡単に当選できそう…と思いました。

 

 

セコく社会から逃げる手段みたいな感じで紹介されていますが、本気で議員になりたい人には「まずは地方議員から」というのは良い選択肢かもしれないですね。

 

 

私は今の仕事を辞めるつもりはないですが、定年を過ぎたら議員にチャレンジするのもありかなと思いました。

 

 

 

最後に、駅前で挨拶していたおじさんですが、名前を名乗っていたのでぐぐってみたらすでに議員さんでした(笑)