読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身への知恵袋

日々のことやこれまでの経験で得た役立つこと(?)、その他どうでもいいことなど色々書いていこうと思います。不動産投資についても経験談など書いていきます。

ポケモンサン・ムーン クリア後の感想

ゲーム

ようやくポケモンの最新作、サン・ムーンをクリアしました。

私が購入したのはムーンなので、正確にはムーンのみクリアです。


本作は今までのポケモンシリーズとは少し異なった趣向になっていて非常に楽しめました。
そんなわけで、簡単に感想を書いていきたいと思います。

 

ジムが無くなった

これまでの定番だったジムリーダーを倒し、バッジを集めて殿堂入りを目指すというシステムが無くなりました。

そのかわり島巡りといって4つの島を巡り、それぞれの島にある洞窟や火山などに住んでいるぬしポケモンを倒していきます。

ぬしを倒した後、しまキングやしまクイーンといったジムリーダー格の強いトレーナーと勝負して、全ての島を制覇することが目的となります。

 

チャンピオンロードが無くなった

今作はジムどころがポケモンリーグがないので、チャンピオンロードがありません。
一応四天王は出てきますが、チャンピオンロードがないためなんとなく「これで最後か…」という高揚感がありませんでした。

私はいつもチャンピオンロードで最後のレベル上げをしていたので、今回はどこでレベル上げをしようか少し迷ってしまいました。

 

四天王が凄い(と思う)

いつもは「いや、いきなり登場したけどあんた誰だよ」って感じで知らないキャラが四天王として登場してきますが、今回は物語に絡んでくるキャラが四天王として登場し「おおお!」となります。

 

チャンピオンも凄い(たぶん)

というか今回はチャンピオンと勝負しません。
「あれ?四天王倒して次はどうなるの?」と意外な展開になってラストバトルが始まります。
そのラストバトルの相手が「あんたかー!!」となり、熱くなりました。

 

ライバルが選ぶポケモンがいつもと違う

いつもはこちらが炎を選ぶとライバルは水を選ぶといったように、主人公にとって弱点となるポケモンを選んできたライバルですが、今回はなんと炎を選ぶと相手は草を選ぶというこちらにとって有利となるポケモンを選ぶ意外な展開になりました。

 

実はこれには理由があり、それが分かった時も驚きました。

 

ストーリーについて

XYなどでもストーリー色が強まっていましたが、ネットの評判はいまいちだったと記憶しています。

今回も一応ストーリーは存在しますが「続きが気になる!寝る時間だけどやめられない!」という程の濃いストーリーではなかったものの「おぉ、こういうつながりだったんだ」と思わせるような展開もあって楽しめました。
今回のロケット団的な組織はスカル団といいますが、スカル団もストーリーに絡んできます。

 

FFやテイルズのように主人公が喋って動き回るタイプではないのでストーリーを作る上で制約があるかと思いますが、ポケモンは作品を重ねるごとに物語が面白くなっていると感じています。


次回作にはさらに期待したいと思います。

 

キャラクターたちとともに旅をする感覚が味わえる

今作もライバルやトレーナーではないキャラが登場しますが、前作までは大体別行動していて主人公はいつも一人で旅をしていました。
今作は新しい島やダンジョンに行くときに一緒についてきたりするので、みんなで一緒に旅をしているように感じました。

船の上でのちょっとしたセリフなど、キャラクターとの会話も多くて淡々と進める感じが薄らいだように感じます。

 

登場するキャラクターが表情豊か

キャラクターの頭身などフォルムがよりアニメに近くなり、キャラクターが笑ったり起こったりする表情がはっきり見えるようになりました。
今まで以上にキャラに対して愛着を持てるようになりました。

 

移動手段が変わった

いあいぎりやなみのり、空を飛ぶのほか、自転車などの移動手段がなくなりました。
そのかわり物語中で移動用ポケモン(戦闘には参加できない)が必ず渡されるようになるので、秘伝技を誰に覚えさせようかと悩む必要がなくなりました。

 

そういえばXYであったローラーシューズがなくなりました。時代の移り変わりなんでしょうか…

 

Z技が派手

前作までのメガシンカに相当するのがZ技です。
1回の戦闘につき1度しか使えませんがFFの召喚獣かってぐらい派手で、相当な威力を持っていてやみつきになります。

 

しかも敵のトレーナーも使ってくるので非常にハラハラした戦闘を楽しめます。

 

すれ違い通信がなくなった

変わりにフェスサークルなるシステムが登場し、インターネット回線を通じて他のトレーナー情報を得られるようになりました。
いちいち外に出なくてよくなった反面、引きこもりが加速しそうです…(笑)

 

エンディングが濃い

今までのようにチャンピオンを倒したら殿堂入りして終了!というわけではありません。
なかなか見ごたえのあるエンディングだったので、ぜひプレイしてその目で確かめていただければと思います。

 


以上です。

XY、ORASはクリアに15~20時間程度でしたが、今作はプレイ時間が27時間とかなりボリュームがあり楽しめたと思います。

 

クリア後のイベントはまだプレイしていませんが、ハンサムイベントもあるらしいので非常に楽しみです。

もうしばらくポケモンの世界を楽しみたいと思います。

 

 

あ、そういえばメガシンカの謎ってどうなったんでしょうか…