読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身への知恵袋

日々のことやこれまでの経験で得た役立つこと(?)、その他どうでもいいことなど色々書いていこうと思います。不動産投資についても経験談など書いていきます。

【不動産投資】入居者が企業(社宅として利用)の物件はお得か?経験してわかったこと。

書籍などで「入居者が個人ではなく、企業が社宅として借りていると長く使ってもらえるので安定して家賃収入を得ることができる」といったことが書かれていることを目にします。

 

投資物件の検索サイトを見ていると「社宅利用の安定マンション!」とアピールしている物件も見かけたことがあり、社宅で利用されている物件はお得感が高いように感じられます。

 

しかし本当にそうなんでしょうか?実際に保有してみた経験を織り交ぜながら実態を書いていきたいと思います。

 

 

長く借りてもらえるとは限らない

例えば単身赴任の人用に借りている場合、単身赴任が終われば契約は解除されます。

他にも結婚にあたって退去するなど「特定の社員のために借りた」場合は長く借りてもらえるとは限りません。

 

ただし、大手企業が1フロア全てを借り上げているなどの場合では社員一人が退去しても契約は残したままで、異動などのタイミングで別の社員を新たに入居させるといったことをするため長く借りてもらえる可能性があります。

 

借りている会社の利用方法によって入居期間は変わってくるので、必ずしも長く入居してもらえるとは限りません。

 

 

家賃交渉がある

「長く使っているんだから安くしてくれ」と家賃交渉される場合もあると不動産会社の営業さんから話を聞いたことがあります。場合によってはかなり強気の値下げ交渉もしてくるとか…

 

家賃交渉が無い場合はずっと同じ賃料のため、家賃下落の心配もなく安定したキャッシュフローを得続けることができるのでかなりお得といえますが、家賃交渉をされた場合はそうもいきません。

 

必ずしも「社宅だから安定」といえるわけではないでしょう。

 

 

滞納リスクが低い

あまり良くない説明を続けましたが、良いこともあります。

借り手が企業ということもあり、滞納される可能性は格段に低くなるでしょう。

個人の場合、うっかり忘れていたならよいですが、わざと支払わずにマンションに居座り続ける悪質な入居者もいるらしいです。


社宅の場合はよっぽど経営状態が危なくならない限り滞納することはないでしょう。 

 

退去時が綺麗

「社宅だから」という理由で比較的綺麗に扱ってもらえます。

(タバコを吸う人だと壁紙が黄ばんでしまいますが…)

 

私が保有していた物件の場合、なんと企業が退去時にクリーニングをしてくれていました。お陰でクリーニング代が浮いて助かりました。

 

 

まとめ

社宅で利用されるとメリットもある反面、メリットばかりであるとは限らないことがお分かりいただけたでしょうか。

 

また、購入した後に運悪く退去になる可能性もあります。

購入時は昔からの高い賃料で借り続けていて、次の入居者には大幅に賃量を値下げをしなければならず、想定していたよりキャッシュフローが出ない可能性もあります。

社宅の場合は現在の周辺マンションの家賃相場と一致しているかも確認したうえで、購入を検討する必要があります。

 

「社宅だからこの物件は儲かる!」と、社宅だからという理由で投資対象と判断するのではなく「社宅だったらもしかしたら少し美味しいかも…」と期待する程度に留めておいたほうが良いでしょう。