読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分自身への知恵袋

日々のことやこれまでの経験で得た役立つこと(?)、その他どうでもいいことなど色々書いていこうと思います。不動産投資についても経験談など書いていきます。

よくアフィリで貼られている本を読んでみた(武器としての書く技術/イケダハヤト)

はてなでブログ巡りをしているとイケダハヤトさんの『武器としての書く技術』という書籍のアフィリをよく見かけます。

 

以前から文章を書くことが苦手だったのでどんな内容なのか気になっていたら、Kindleにて割引価格で販売されていることを知り思わず購入してみました。

 

そんなわけで一通り読んでみた感想を書いていきたいと思います。

 

 

「残念な人の特徴」が突き刺さる

第1章でいきなり残念な文章(ブログ)を書いている人の特徴を列挙しています。

正直、当てはまることだらけで耳が痛くなりました。

しかしダメな書き方の後に良い書き方の例が載っていて「なるほどー、こう書けばいいのか」と参考になりました。

 

他にも2章では読みやすいブログの書き方について書かれていてとても参考になりました。書き方の例も載っていてすぐにでも使えるような内容です。

 

 

書き方だけを解説した本ではない

本のタイトルを見ると書き方についてのみ言及した本かと思いきや、ネタ切れしない方法や批判を恐れずに書くべきだとブログ運営についてのことにも多くのページが使われています。

 

書き方についてのみ知りたい方にとっては余計な内容にページを割かれていると不満に思うかもしれませんが、ブログを書くにあたっての心掛けについては非常に参考になりました。

 

 

内容が現実的

ブログの収益はそれほど高くなく、ブログから発展した本の執筆などで稼いでいるということが書かれていたのが印象的でした。

よく本屋で見かける「ブログで億万長者になる」といったタイトルの本を嘘と断言すると共に、かなり現実的な収益も書いています。

その点では良心的な本だと言えます。

 

他のブログで副収入を得るといった本はどこか胡散臭い雰囲気がしていましたが、この本は具体的で厳しいことも書いているせいか信頼できるように感じました。

 

 

おわりに

書き方や心構えなど、ブログを始めたばかりの自分にはとても参考になる本でした。

特に印象に残ったことは批判を恐れずに書いていくこと、気に入らない批判があればそれすらも記事にしてしまえということでした。

 

確かに、せっかくブログをやっているんだから当たり障りのないことばかりを書くのではなく、批判を覚悟した上で色々なことを書いていけば新たな視点で物事を見るきっかけになるのではと思いました。

 

 

最後に、今回の記事は書籍を参考にして書きましたが、読み返してみるとあまり効果が無い感じでした(笑)毎日継続して書いていき表現力をつけていこうと思います。