自分自身への知恵袋

日々のことやこれまでの経験で得た役立つこと(?)、その他どうでもいいことなど色々書いていこうと思います。不動産投資についても経験談など書いていきます。

【書評】『「学力」の経済学』の感想・要約。思ったより教育や躾としての読み物だった。

ちょっとした時間つぶしのために本屋で平積みされていた『「学力」の経済学』を読んでみました。

 

表紙に書かれていた

「ゲームは子供に悪影響?」
「ご褒美で釣るのっていけない?」
「教育にはいつ投資すべき?」

という文言に興味を持って購入しましたが、表紙の内容以上に興味深いことが書かれていました。

 

そんなわけで今回は『「学力」の経済学』の感想と要約を書いていきたいと思います。

 

さて、私はこの本は大きく以下の2つについて述べられています。

①各家庭で行う教育について
②政府が行うべき教育政策

 

上記の2点について感じたことを書いていきたいと思います。

 

①各家庭で行う教育について

 Amazonの概要にも書かれているんですが、以下の3つについて論理的な説明があります。

・ゲームは子供に悪影響?
・ご褒美で釣るのはいけない?
・ほめ育てしたほうが良い?

これら全てについて統計を取った上でNOという結論を出していて、その内容を丁寧に述べています。

 

例えば「ご褒美で釣るのはいけない?」については、「お手伝いをしたりテストでいい点を取ればお小遣いをあげる」という教育の是非について書いていますが、「お金」をご褒美として渡しお金の使い方を教えると金融教育にもなると説明しています。

個人的には「お金を渡すのはあんまりよろしくないんじゃ…」と思っていましたが、別の教育につながるというのは意外でした。

 

あと、ほめ育てについては「頭がいいね」といった能力をほめるようなやり方だと伸びないということが検証されていて、むしろ厄介なナルシストが誕生してしまうと書かれていて少し笑ってしまいました。

 

これらの内容はテレビやネット記事などで書かれているカリスマママなどの個人的な「こうするべきだ!」と違い、実際に実験を試みて統計的に得た結果を書いているのでかなり説得力があります。

 

今回紹介されていたのは上記3パターンに加えて、勉強以外の躾などについての数パターンだけでしたが、そのどれもが興味深く読むことができ、もっと多くの検証結果について知りたいと思いました。

 

②政府が行うべき教育政策

子供手当て」や「少人数制学習」はさして効果が出ていないことや、「教員免許」も持っていない人による教育でも大して子供の成績に影響が出ないという結果が海外で出ていることが書かれています。

 

表紙にも書かれている「教育にはいつ投資すべき?」について、小学校に入る前の教育がもっとも大きな効果が出るとの結果が記述されていたのは驚きました。小学生時代の習い事が重要だと思っていただけに意外でした

これが日本にも当てはまるならば、保育園についてもっと力を入れるべきではないでしょうか。
待機児童問題や保育士不足など解決すべき問題はありますが、幼児教育の環境も同時に整えていくべきです。

 

政治家は「なんとなくこうすれば(有権者のウケが)いいだろう」といった政策をとっているようにしばしば感じられます。
そういった政策ではなく、実際に海外の検証結果を元に日本でも効果があるか試み、その結果を見て教育政策を実施すべきだと感じました。

こんなことをすると「子供を実験の道具に使うのか!?」と思われるかもしれませんが、子供たちへはちゃんとフォローするような仕組みがあることが記載されています。また、自分たちよりさらに遠い将来、自分の子供・孫・ひ孫などが豊かに暮らせることを考えると積極的にやっていくべきだと思いました。

  

最後に

ただの経済学の本かと思いきや、教育についての統計結果や生涯年収、政府の教育予算で使ったお金に対する学力向上(費用対効果)について書かれていて驚きました。

 

特に先述したテレビでのカリスマママの一個人の教育論のような読み物ではなく、統計を取った上でこうするべきだという結果を示しているのは非常に新鮮に感じました。こういった検証結果をもっと大々的に広げていくべきではないでしょうか。

「よそはよそ!うちはうち!」と言って面倒なことはやらずに自分のやりたいような教育している親に「こういうやり方が学力向上や生涯年収に良い結果が出ています。さらに持ち家率が上がり、生活保護を受ける率が下がります。」というデータを示せば多少なりとも親は努力するのではないかと思いました。

 

ぜひこの本の続編を作っていただき、もっと多くの結果を広げていただきたいと思いました。